FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラップ訴訟④・JBC職員が亀田側を提訴

DSCF7473.jpg

 2月7日(金)午前11時、東京地裁2階の司法記者クラブにて記者会見が開かれた。日本ボクシングコミッション(JBC)の男性職員Aさん(42)が、亀田兄弟の長兄、興毅、三男の和毅両選手ら亀田ジム関係者4人を相手取り、1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたのだ。

 会見には、代理人の溝呂木雄浩弁護士と井田光俊弁護士、Aさんに加え、ジャーナリストの片岡亮さんも出席した。

【送料無料】 くまモンのふんわりやる気になる言葉 【単行本】

 訴状によると、昨年9月3日、高松市内で行われた次兄、大毅選手のIBF(国際ボクシング連盟)スーパーフライ級王座決定戦の試合前、使用するグローブについて亀田側と相手選手側の契約書の内容が違っていたことに対して、亀田側が大毅選手が使用する日本製に合わせるようAさんらJBC職員3人に言い、「権限がない」と拒んだAさんらを部屋に監禁まがい、暴行まがいの行動に及んだとし、精神的苦痛を受けたというもの。

 記者の一部から「なぜ今ごろ訴訟に及んだのか」などの質問に対し、代理人の溝呂木雄浩弁護士は、「今回の訴訟の前に、亀田側がフリージャーナリストの片岡亮さんを名誉棄損で損害賠償訴訟を起こした。片岡さんのブログの記事を対象にしたものだが、その前に東京スポーツが同じような記事を掲載した。亀田側は東スポの記事を問題視せず、片岡さんのブログ記事だけを狙い撃ちした。これは、“スラップ訴訟”と呼ばれるもの。しかも、亀田側は片岡さんの記事に書かれている内容は事実無根だとして、名誉棄損を主張している。証人として考えていたAさん(JBC職員)と話しを進めるうち、当事者のAさんが訴訟する決断をしたということだ」と説明。

 つまり、本来なら片岡さんが反訴するところ、当事者のAさんが立ち上がったのだという。亀田側が「事実ではない」と片岡さんの記事を否定したことに、Aさんの怒りは頂点に達しての行動だったことが窺える。当時の様子を振り返ってみてどうだったかという質問に対しAさんは、「すごいプレッシャーを感じ、怖かった」と答えた。また、溝呂木弁護士は「以前、スラップ訴訟に関わった経験があり、このような訴訟を容認してはいけないと感じていた」と、相手側の手法を厳しく批判。正義の戦いであることを強調した。

妻夫木さん 木村カエラさんでも話題のかCanon eos M キャノン イオス エム ダブルレンズキッ...

 ここでぼくの立場をはっきりさせるならば、正直、ボクシングに関してはシロウトだし、知識は極めて不足している。しかし、スラップ訴訟という点において、亀田側が仕掛けたことは許せるものではない。考え方は溝呂木弁護士と同じだ。加えて言えば、片岡さんとは10年近い付き合いがあり、彼の人柄や取材態度などを知っている人間からすれば、ウソに塗り固めた記事を書くことは到底考えられない。偏った言い方に聞こえるかもしれないが、友人として信頼しているし、同じジャーナリストとして尊敬もしている。だから、全面的に片岡さんを支持するし、Aさんの訴訟も手伝っていきたい。

 さらに会見後、"事件"が勃発。会見場を出た片岡さんに、ある芸能プロダクションの人間が詰め寄った。「こんなこと、止めろ」。途切れ途切れだったが、明らかに恫喝、脅迫まがいの行動。片岡さんは男に「てめえ」と呼ばれたことに立腹し、一気に張りつめた雰囲気に包まれた。すかさずAさんが間に入り、事なきを得た。誰かに頼まれたことなのか、本人の独断なのか。いずれにせよ、許せない行為。異論や反論があるなら、正々堂々と抗議や申し入れをすべきだ。

コメントの投稿

非公開コメント

所詮、亀田一家に粘着してしのぎを得てる連中の嫌がらせ、というか単なる阻止行為。大きなしのぎを失うものからすれば当然やってくること。
いくら阻止行動をらしようとも、もうどうにも亀田は銭にならんという状況に見切りをつけた後、その怒りの矛先は、このようなヘタ打ちした四郎に向くんじゃないかと期待してる。

山田さん頼もしいです!ここにくる嫌がらせ犯の中傷コメントも気にしないで下さい!

No title

>異論や反論があるなら、正々堂々と抗議や申し入れをすべきだ。

正義に悖る行為をしているから、こういった卑劣な手段に及ぶのでしょうか。
これを野放しにしていい理由がありません。
社会の維持は、それを守る者と侵食する者の戦いでもあります。
踏みにじられる側の自分としては、山田さんのような方に、決して負けて欲しくありません。

レコーダー携帯されてはいかがでしょうか?
マスコミはあてにならないですね…
恫喝に負けないで

No title

山田さん、私は本業の政治記事も期待しております。
できればお仕事のスケジュールなども随時アップできませんでしょうか?

No title

ちなみに、

>片岡氏は以前から『ネットは苦手でブログはいつ辞めてもいい』と繰り返しおっしゃっていましたが、
>現在は三つのブログを同時進行でやっていますね。こういうところに彼の矛盾が現れていますね。
>2014-02-03(23:02) :シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです)

なんて書いていた人は以前、井上尚弥のグローブについて工作を書いて散々、JBCや井上を批判しておいて

>テレビの中継映像や報道写真からバンデージのサインが確認できるというご指摘を受け、当方の画像の公開は一旦中断いたします。
多面的検証を怠り半ば断定的に試合管理の問題であるかのような批判をした事については、率直に反省し謝罪したいと思います。
まことに申し訳ありませんでした。

と、あっさりガセネタを垂れ流しただけだったという極めて悪質かつ迷惑な人です

会見後の襲撃ほんとだったんだ…呆れる

旧徳、血迷ってるとしか思えないけど拳論に憧れてもかなわないのが悔しいんだろーな

山田さん個人的に見て監禁はあったように見えますか

それとも片岡さんと職員3人が口裏合わせして嘘記事を書いたのですか?

No title

またあからさまなことをするもんですね。不謹慎かも知れませんが、なんかプロレスみたいに思ってしまいます。

支援の会はいつできるんですか?

No title

片岡さんに絡んだ男は、大勢の前でケイダッシュを名乗ったんですよね?
弁護士や記者が多数いる前で、どれだけ低脳な下っ端なんでしょう・・・
ボクシングファンである私たちができることは、応援と小額の資金援助しかできませんが、絶対に負けて欲しくないと思っております。
支援の会の立ち上げ、宜しくお願いします!

支援なんかできない。やったら亀田ファンからしこたまひんしゅくだから。

頑張ってください

勇気あるblogをありがとうございます。
山田さんと片岡さんの事を応援しています。

支援者が思うように集まってないのでは?
プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。