FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nona

 3月30日午前11時。ちょっと感慨深げにあるFM番組を聴いた。東京FMの「ハートオブサンデー」という番組だ。パーソナリティを務めるのはnonaという女性。この日で、nonaは番組を“卒業”するという。

 彼女とは、もう25年くらいの付き合いになる。ぼくがタウン紙の編集者だったころ、彼女はある市のミスに選ばれた。そこで、彼女にタウン紙の企画で、電話による通販番組のナレーションをやってもらった。月替わりで商品の説明を録音するというもので、約1年続いたと記憶している。

Transcend(トランセンド・ジャパン) MP3プレーヤー T.sonic 870 8GB(FMラジオ搭...

 帰国子女の彼女は、ピアノの講師で生計を立て、将来はミュージカルに出ることを夢見ていた。そんな彼女とは、タウン紙の仕事から離れてからも“妹分”として長年付き合ってきたのである。米国仕込みなのか、行動力のある彼女は、いつしか自力でフリーでナレーションの仕事も始めるようになった。単発の仕事から初の大仕事ともいえるレギュラー番組が、この「ハートオブサンデー」だった。1994年、実に20年まえのことである。

 テーマをスタッフとともに決め、選曲から構成台本まで自分で作り、収録に臨む。1時間の番組で、10曲以上を選曲するのだから、大変な労力だと思う。その甲斐あって、テーマに沿った楽曲や歌詞にこだわり、常に、流暢な英語とともに洋楽を紹介し、彼女の「世界観」を出し続けてきた。この日のテーマは、「spring sensation」。出会いの春、旅立ちの春に相応しい、フレッシュで華やかなラインナップ、計14曲をオンエアした。

DEH-970 カロッツェリア carrozzeria パイオニア カーオ-ディオ

 そのようななか、自身もアーティストとしてCDを出している彼女は、最後に自らの楽曲を放送した。「1000 winds」と「one」の2曲。それまでの「spring sensation」のテーマというより、彼女が積み重ねてきた20年の歴史ーー番組リスナーや制作スタッフ、スポンサーや代理店など、多くの関係者に感謝の気持ちを向けた“思い”が伝わってきた。

 現在、フジテレビの「Mr.サンデー」のナレーションをはじめ、多くの番組やCMのナレーションで活躍しているnona。今後、ますます活躍の場を広めていくのだろう。番組は“二十歳の節目”で卒業することになったが、ぼくは頼もしい“妹”の活躍をこれからも応援していきたい。

nonaブログ
http://nona.99ing.net/

Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ V520 内蔵メモリー32GB ダークネイビー HC-V520M-A

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。