FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び「芸能番リターンズ!」について

 前回のブログでニコ生動画「芸能番リターンズ!」のことに対するぼくの思いを書いて以降、数多くのコメントをいただいています。

 一度、書いたことでもう書くことはないと思っていました。ところが先日、視聴者の一人がこれまでの番組を同録していて送ってくれました。11月24日、12月1日の放送を初めて観ました。これまでさまざまな話を聞いていましたが、番組を観て、ようやく書く気持ちが固まりました。

 まず、12月1日の放送で、ぼくは辞めていない、選挙取材が終わったらまた出演する、との話が出たとのことですが、その件についてご説明します。

 ぼくが“決別宣言”と言える前回のブログをアップしたのが11月27日。その2日後の29日、松本さんから電話がありました。その話し合いのなかで、①番組を立て直してもらうこと、②メンバーとのこじれた関係を修復してもらうことーーを前提に、すべてがクリアしてぼく自身の都合も加味して条件が整ったら改めて出ることを話しました。松本さんの電話後、タクローさんからも電話があり、同様の話をしました。

 番組に対する未練なのか愛着なのか、といえば否定しません。ぼくが曖昧な態度だったと反省もしています。しかし、「辞めたわけではありません」「年末以降、出るよ」と言われた一方で、12月9日現在で未だに片岡さんやハイセーさん、是枝さんに連絡が一本も無いことは、解せないし、話が違うと感じています。

 さらに、番組の立て直しに関して言えば、当初のコンセプトと違った方向に向かっているように見えます。もちろん番組は生き物で、視聴者のニーズに合わせて変化することは当然です。しかし、全く違った方向に向かうのであれば、ぼくは不要な存在になると感じています。

 以上のことから、改めてぼくが「芸能番リターンズ!」に出ることはありません。制作側から見れば、メンバーで話をしないで勝手にブログに書くのはルール違反だと指摘されることも覚悟しています。ぼく自身が番組とケンカをしたわけではありませんが、皆さんが言うようにぼくの立ち位置をここではっきりさせておく必要性があると感じ、これ以上勝手に放送上で言われないためにも書き記しておくことが大切だと思いました。全てが何も改善されないまま、ぼくが今後出演することだけを言われるのは、あり得ないと思うからです。

 本来、このように制作の裏側をオープンにするのは、ぼくの本意ではありません。しかし、誤解や憶測、さらに誹謗や中傷が飛び交うのはとても嫌なことで、そろそろみっともないコメントは控えていただきたい、そんな願いも込めてこうやって書いている次第です。

 もう一つ。片岡さんのことを批判するコメントが見受けられます。人それぞれの意見や感想は自由です。しかし、ぼくは片岡さんを信頼しているし、これからも一緒に行動していく仲間だと思っています。それだけははっきりさせておきますので、このブログでの目に余る誹謗中傷は今後お止め下さい。よろしくお願いします。

 それから、誤って削除したコメントについてですが、ぼく自身知識がなく、知り合いに相談しながらやるより他ありません。でもって正直、いまぼくは衆院選の取材、さらに選挙後も政治の取材に忙殺され、まとまってこちらをやる時間的、精神的余裕がありません。もちろん、改めて読むと、そのまま削除しておいた方がいいものも散見しています。とにもかくにも、それらを考える余裕がいまはありません。ぼくの都合で恐縮ですが、その点はご容赦ください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

山田さん説明ありがとうございます。

本当に聞きたかったのは、山田さんが言及する「番組を立て直す」としている人が離れていった番組自体の問題です。何が「立て直す」必要のある問題だったとお考えですか。

あとは、出演するしないに関して、予想通り松本さんがきちんと確認もせず、電話で伝えた話を全く無視して番組で喋ってることがハッキリしました。

山田さんが出ないなら、私がもうあの番組を見ることもないでしょう。また別の番組に出た時に見に行きますね。

No title

山田さん、本業の選挙のことについて記事をあげてほしいです
独断およそくとか載せてくださいよ

やはり松本がウソついてたんですね
謝礼なしに協力したのにひどい人ですね

山田さん、松本佳子は福山雅治が年内に吹石一恵と結婚すると断言してた話を「存じ上げません」とウソつき始めましたよ

No title

奈々さん、コメントありがとうございます。また、これまで番組を観て下さり、感謝します。
上記ブログでも書いたように、本来、内情を明かすようなことはしたくありませんでしたが、皆さんにご理解いただくため書いた次第です。なので、これ以上のことはご容赦下さい。
今後、別番組に出る際は、当ブログやFBなどでお知らせします。今後ともよろしくお願いします。

No title

愛読者さん、コメントありがとうございます。

独断予測は控えますが(笑)、選挙関連記事は
Japan In-Depth
http://japan-indepth.jp/
i RONNA
http://ironna.jp/
などで書いています。お時間のあるとき、ご一読いただければ幸いです。また、週刊誌『サンデー毎日』でも書いています。
よろしくお願いします。

ブログは最低週1更新してほしいなあ山田さん

No title

片岡氏がすべてを書いてますね。何があったかスッキリしました。松本佳子は最低だと思います。
プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。