FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾッとしたハッピーバースディ♪

 きょうはバレンタインデー。学生時代、義理チョコといえど何個もらったかを友人たちと競い合ったことが懐かしいけど、いまはもうカミさんからいただけるだけでありがたや、ありがたやの一言。

 それとともに、我が家ではバレンタインデーは違った記念日となっている。というのも、息子どのの誕生日なのだ。かわいかった赤ん坊もきょうで5歳。はぁ~、なんかあっという間だな。。。なんてぼやき節も「いまのうち。小学生にでもなったら、憎まれ口しか叩かなくなるよ」と“先輩パパ”たちは口をそろえる。

 これ以上たいへんになるのか~。なんか憂鬱。そんなことをあれこれ思っていた先週土曜、急に息子どのがワケあり顔で近寄ってきた。

「ね、ね。ぼくね、作れないからパパ、よろしくね」

 一瞬、なんのことかさっぱり分からずキョトンとしていると、さらにダメ押し。

「だから、まだぼくは子どもだから作れないでしょ。だからパパが作らなきゃダメじゃない」

 だから、なんのことなんだよ~。つい、口を尖らせるぼく。

「レゴ! レゴに決まっているでしょ!」

 息子どのは、叔母である義妹から誕生日プレゼントになにがほしいか聞かれ、レゴ(ブロックの一種)をリクエストしていた。しかし、詳しくは聞いていない。カミさんに聞くと、なんとトイストーリー3に出てくるトレーラーのレゴで、7599ピースの“大物”だという。分かりやすくいえば、お菓子のおまけのプラモデルを作り始めた子が、急に本格的な戦艦大和のプラモデルをねだるようなもの。しかも、息子どのは、それが自分では作れないことを端から承知でリクエストし、もらうまえにぼくに製作をお願いしているのだ。

 冗談じゃない。そんなの受け入れるわけないだろ。腹のなかでそう思いつつ、「どんなのか見てからね~」とかわした。そしてもらったレゴをまじまじと見つめ、逃れられない運命を悟る。こりゃ、5歳のガキじゃ絶対ムリッ! そこへ息子どのがにたにた笑って近寄ってくる。「ね、だからパパ、作ってね」

 5歳でこの態度! これが小学生になり、中学生へとなっていま以上に生意気な口をきくのかと思うとゾッとする。なんとも思いやられるハッピーバースディとなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。