FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー

 昨年5月に始めたブログが、1年余で累計5000件以上の訪問者を記録した。何度も訪問していただいている方、一度だけ覗いてみてくれた方、すべての方々に感謝します。

 さて、久々の育児話。わが息子どのは、幼稚園の年長組となった。クラス替えがあり、年中組の友だちはすべて隣のクラスに。

 一緒に風呂に入って話すと「友だちはいないんだよね~」と、ちょっと遠くを見るような表情で教えてくれたことがあった。どうやって友だちを作っていくのか、幼い子どもの世界でも葛藤があるのかな、なんて親バカの気持ちでただひたすら見守るしかないと思っていた。

 しかし、6月に入り、ようやく友だちも出来てきたようで、毎日カミさんとの会話のなかに、友だちの名前が何人か登場するようになったという。ホッと一安心。

 さて、そんな息子どのは、以前はトーマス、電車、働く自動車なんてのが大好きで、夜、救急車のサイレンが鳴り響くと、喜々として「救急車だ~!」なんて騒いでいた。テレビで新幹線が映ると、「あれは『こまち』だよ」なんて教えてくれたっけ。

 ところが、気がついてみると、いまや仮面ライダー一色だ。響鬼とかオーズとか電王とか、いろいろな名前が出てくるけど、とんと分からない。

 ぼくは“仮面ライダー第1世代”で、カード入りのスナック菓子が店頭から無くなるなど社会現象になった。もちろん、その頃のライダーは基礎知識程度はあるものの、番組を一生懸命見ることはなかったし、興味がなかった。そんなぼくの子どもなのに、のめり込み方は半端じゃない。

 しかも、日曜は朝早くから番組を見るため早起き! メーンのテレビは息子どのが占拠し、ぼくは寝ぼけ眼をこすりながら仕事部屋に向かい、13インチのアナログテレビで日曜討論なんかをこそこそ見る始末。リビングに戻ると、気分が高揚した息子どのはぼくに向かって必殺技攻撃。連続パンチに蹴りを繰り出し、変身ポーズをしっかり見ろとリクエスト。5歳にもなると、結構パワフルでわがまま。せっかくの休日も台無しだ。

 正義の味方はそんなんじゃないぞ。そう教えようとしても、いまの正義の味方が見つからない。昔懐かし伊達直人は嘘っぽいし、菅直人じゃ恥ずかしくて口にも出せない。あ~あ、嫌な渡世だねぇ。仕方なく、執拗な攻撃に耐える日々だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。