FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROOKIES

 振り返れば、1カ月以上も更新していなかった。すみません。日々、永田町を取材しているなかで、つい更新することさえ忘れがちになっていました。毎度のことながら、反省。

 きのう、テレビで映画版『ROOKIES』(ルーキーズ)』をやっていた。ちらちらと見た程度だけど、良く出来ているなぁと感心しきり。ぼくなりに解釈すれば、こんな時代だからこそウケるんだろうと思う。

 人を信じる強さや夢を持つ大切さ、そして言葉の重みに揺らがない行動……。なんだ、いまの政治に欠けているものばかりじゃん! 時代の閉塞状況が、このドラマを後押ししているのかな~なんて感じました。

 さて、その政治。6日のヒロシマに続いて、きょうもナガサキで菅首相は「脱原発依存」を高らかに宣言しました。退陣条件の3法案成立が済めば、今度は「脱原発依存」の道筋をつけるために、やれ経産省改革だとか、自然エネルギー庁作れだとか言って、“延命策”を繰り出すのではないかというのが、永田町のもっぱらの見方です。

 そういや先日、下村健一内閣審議官がテレビに出演していて、「菅さんは初当選当時から、自然エネルギーに関心を持っていた」とかアピールしていましたが、かなり眉唾にしか聞こえません。

 というのも、3・11以降、3月中に社民党の福島瑞穂党首や阿部知子政審会長、服部良一衆院議員らが4回官邸を訪れ、菅首相に対して浜岡原発の停止や「脱原発」に関して申し入れを行いました。

 もし、菅首相が反原発、脱原発依存というのなら、4月か5月には社民党の提案を受け、何らかのアクションをしたでしょう。ところが、そこでは糠に釘。6月、ソフトバンクの孫正義社長と会ってから、急に「脱原発依存」に舵を切ってきたのです。

 かつての小泉純一郎元首相のように、厚労相になっても「郵政民営化」を言い続け、首相になったら「ワンイシュー」で衆院解散をやってしまう。ぼくは、小泉氏の手法や思想に賛成できませんが、その一途な信念に関しては、特筆すべきものがあると感じています。

 翻って、菅首相を見た場合、何が彼の政治信条としてあるのか分かりません。薬害エイズ事件では、厚生官僚を悪者に仕立てた茶番で自分を“正義の味方”に見せたら、本来必要な検証作業はほったらかしで、被害者たちもあきれる始末だと聞いています。首相になってからは、消費税増税を掲げたにもかかわらず、その声は失速。3・11以降、何も変わらないのは周知の通りです。

 信じられない言葉、行動、あなたの言動に国民は夢を持てない、そう思えてなりません。そこで元TBSの下村さんに提案。『ROOKIES』のDVDを菅首相に渡して、人として何が大切かを考えてみていただくのはいかがでしょうか。ま、いまさらムリだとは思いますがね(苦笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。