FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹氏圧勝

 橋下徹氏、松井一郎氏の「大阪維新の会」コンビが、大阪市長選、大阪府知事選のW選を圧勝した。

 未だに理解できない「大阪都構想」VSややエキセントリックな感じの「独裁批判」の選挙戦は、なんだか中身を伴わない選挙にも感じられた。しかし、その中身以上に、現在日本が抱える閉塞感の打破を求める選挙だったのだとも思う。

 中央政界への絶望感ーー。これが閉塞感の理由なのだろう。現職・平松邦夫氏の敗因は、なりふり構わない与野党の共闘が挙げられる。「反橋下」で民主、自民、そして共産までが“タッグ”を組むことになった平松氏陣営は、告示前は組織票で優位かと見る向きもあった。ところが、これが完全裏目に出た格好だ。

 期待が裏切られた民主、党改革が一向に進まない自民、批判だけの万年野党の共産が手を組む姿に、嫌悪感を感じた大阪市民、大阪府民は多かったことだろう。ぼくだって、そんな理念なき野合を支持するなんて、まっぴらと思っていた。

 選挙期間中、橋下氏は「これじゃ、大政翼賛会ですよ!」と、平松陣営を批判した。うまいなぁ~。テレビのニュースを見ていて正直、そう感じた。橋下氏の選挙選を見ていて感じるのは、「セルフ・プロデュース力」の高さ。現場の空気を鋭く読む能力に長けていて、どう演出するのか、どう発言すればいいのか、肌感覚で理解しているのではないだろうか。

 告示日、報道陣がベタ張りでカメラも密着しているなか、運動会会場に顔を出したが門前払いをされたことがテレビで報道された。「これって、橋下氏の計算のなかに組み込まれている」。ぼくはそう感じた。

「“反橋下勢力”がオレ(橋下)に対してどんな行動をしているのか、お茶の間の有権者に数秒で分かるようにしてしまえ」「ヤツらはこんなにえげつなくオレを口汚く罵り、候補者の訴えの場を実力行使で排除しているんだぞ」ーーそんな彼の胸の内が透けて見えるように感じたのだ。

 平松氏がテレビの公開討論会をドタキャンしたことなども大きかったが、ぼくは2週間を通じてセルフ・プロデュース力の高さが明暗を分けたのだと思う。小選挙区の中央政界の選挙は、ますますこの「セルフ・プロデュース」がカギとなる。ことの善し悪しは別として、これからの政局には橋下氏がその渦の中心にいることとなるのは間違いない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Atsutoshi Yamada

Author:Atsutoshi Yamada
山田厚俊(やまだ・あつとし)
1961(昭和36)年栃木県生まれ。
週刊誌やビジネス誌、サブカル誌などで活動中。詳しくは右のリンクへ(プロフィール詳細)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。